リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

銅アレルギーと銅過剰とウィルソン病増加?原因は?東京

■2016/03/03 銅アレルギーと銅過剰とウィルソン病増加?原因は?東京
10円硬貨を持たせた場合
力が入らなくなる
手の長さが合わなくなるという人は
かなりの数いらっしゃいます。


こういった場合
銅に対するアレルギーを持っていると
考えるのですが
アレルギー形成の原因を探ると
農薬が不思議に示される事が多く
不思議に思っていました。


エネルギー療法に
遥か昔から取り組まれていた大先達の小村先生が
ウィルソン病による銅過剰の人が
多くなっているという事を
ブログで書かれておられたので
調べてみたところ
銅過剰の方が確かに多い事に
気づきました。


そして銅過剰の人の大半が
銅に対してアレルギーを持つ事が
わかりました。


銅過剰の人を対象に
ウィルソン病での銅過剰の原因とされる遺伝子のATP7Bを
キネシオロジー検査で調べてみたところ
確かに異常があります。


しかし、原因は先天的なものではなく
後天性のもので
農薬の関与が示されました。


イカそうめんの食べ過ぎでもない限り
銅へのアレルセラピーDXは
原因療法とはならないので
選択肢からは外しました。


ATP7Bに対するアレルセラピーZENOでも
農薬に対するアレルセラピーDXでも
どちらの選択肢を選んでも
銅の過剰はキネシオロジー上消える事が確認されました。



水銀、ヒ素、鉛、カドミウム、イリジウム、インジウム、パラジウム、ニッケル、錫、ステンレス、アルミニウムの過剰にばかり目が行き
がちですが
他の重金属は正常にもかかわらず
銅だけが過剰という場合は
間違いなくウィルソン病を
視野に入れる必要があるでしょう。


農薬のアレルセラピーDXは
ほぼ万人に行っていましたが
銅の過剰に対しても働いていた可能性はあります。


農薬は世界規模の蜜蜂の減少を招きましたが
私達の遺伝子を少しずつ狂わし
難病予備軍を着実に増やしているという危惧を
懐いています。


【銅アレルギー日本橋東京日本橋東京国分寺】




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP