リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

過可動ぐらぐらでゆるい膝の痛み?立川神田新宿八王子国立

■2016/09/29 過可動ぐらぐらでゆるい膝の痛み?立川神田新宿八王子国立
(膝の過可動ケース1)

運動中に事故を起こし
膝を捻り
膝を伸ばすのも
曲げるのも
歩行時も
痛むという主訴の方が
いらっしゃいました。


膝関節の可動性を
オステオパシーの検査法で
調べたところ
全方向が過可動で
ゆるい状態でした。


十字靭帯までは断裂していないようでしたが
この場合は膝関節に対する通常のオステオパシーは
使えません。


ベクター(人体に残った外力のベクトル)を治療したところ
驚きの結果が出ました。


膝の全方向の可動性が安定し
ほとんどの動作痛が消えたのです。


(膝の過可動ケース2)

内臓が膝の過可動に関係するケースです。


過可動の原因を調べると
腎臓の問題が波及しているという事が
わかりました。


クレアチニン高くないですか?と尋ねたところ

「そうなんです。高いんです。」

というお答えです。

腎臓のアレルセラピーを行ったところ
グラグラだった膝の過可動は
綺麗に治りました。

(膝の過可動ケース3)

股関節がつぶれてしまい関節唇が無い方が
補正で膝が過可動になっていて
ぐらぐらして痛むと訴えていました。


股関節が完全に治せるケースでしたら
ゆるい膝を触らなくても治せたと思いますが
股関節が要手術レベルで
膝のエリアのヒアルロニダーゼが
過剰であることが
わかったため
ヒアルロニダーゼのアレルセラピーDXを
膝に対して行い
膝の過可動と痛みを治しました。


私達は名前こそ違っていても
オステオパシーの哲学を継ぐ者でもありますから
固定観念で治療することなく
ケースバイケースである事を
会員の治療家の方々は
自覚して治療に当たってください。


【国分寺国立新宿八王子日本橋立川日本橋新宿国立立川】




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP