リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

転んだ時に手がつけない子供急増の本当の理由有髄神経か? 

■2017/02/24 転んだ時に手がつけない子供急増の本当の理由有髄神経か? 
転んだ時に手がつけないために
顔を怪我する子供が急増しています。


25年前に顔の怪我する率が35%だった保育園が
現在では50%になったというデータもあります。


乳児期のハイハイが足りないために
腕の筋力に問題があるために
支えきれないという原因を
専門家は指摘しており
その影響は多分にあると考えられますが
転んだ時に
とっさに手が出ないという
神経伝達の問題を指摘する声も
少なくありません。

こういった神経伝達スピードの問題のひとつとして考えられる仮説として
髄鞘【ミエリン鞘】の形成不全が疑われます。


有髄神経は髄鞘のおかげで
跳躍伝導と呼ばれる素早い神経伝達を
可能にしました。


しかし髄鞘の形成不全が起こると
本来の神経伝達のスピードが
発揮されません。


では髄鞘はどういった場合に
形成不全に陥るでしょうか?


それはメチル基を野菜から取りだし
それらを運用して身体を作り上げていくメチレーションという生命体に不可欠な活動に
問題が生じている子供が
多いからと考えられます。


こうしたメチレーション問題を抱えた子供は
アレルギーや消化不良や
様々な不定愁訴に悩まされたり
時には自閉症に
悩まされる事も多く
ほぼ一生を通して良質で高価なサプリメントを取る事を
余儀なくされる事から免れる方法はないと
考えられていました。


しかし、アレルセラピーはその常識を覆す方法を提供し
サプリメントを用いずに
青少年の根本的体質改善に努めています。


学生割引だけでなく6歳以下の乳幼児割引も
設けていますので
気軽にお電話で
ご相談ください。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP