リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

皮膚の痒みが葉物野菜小松菜やほうれん草アレルギーから

■2017/08/22 皮膚の痒みが葉物野菜小松菜やほうれん草アレルギーから
健康的と思って食べている緑色の葉物野菜ほうれん草や小松菜が
健康を害する場合も少なくありません。

かつて米国では
ほうれん草をジューサーで
細かくしたものを離乳食として与えられた乳児が
突然死する事件が多発しました。


原因は化学肥料の中の硝酸塩でした。


その後欧米諸国では
硝酸塩の濃度に規制がかけられていますが
日本は残念ながら野放し状態といっても過言ではありません。

皮膚の痒みの原因が小松菜やほうれん草へのアレルギーである場合も
少なくありません。

この場合には硝酸のアレルセラピーDXで
アレルギー除去が出来ます。


多くの人が
硝酸を集積させて溜め込んでいる筋膜があります。


脾臓結腸間膜です。

この場合は脾臓結腸間膜に緊張が生じ
直腸全体のつるべの動きは
時計回りに動かなくなります。


農薬や化学肥料の使用に歯止めをかけているヨーロッパでは
オステオパシーの内臓マニピュレーションも
確かに効果を出す事はできそうです。


しかし、日本では欧米の内臓マニピュレーションを
そのまま用いて効果を出す事は
難しいと感じています。


心臓と横隔膜との間の間膜が
農薬由来で固着している場合にも
しばしば遭遇します。


体内化学物質の量が違うのです。


26年前から内臓マニピュレーションに
真摯に取り組み続けた私が出した結論は
オステオパシーを波動医学と融合させる事でした。


そこで生まれたのがアレルセラピーです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP