リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

心臓弁膜症の増加と免疫力の低下不全と肝臓代謝の低下

■2017/09/16 心臓弁膜症の増加と免疫力の低下不全と肝臓代謝の低下
電車を見渡すと
鼻をぐずぐずさせていたり
咳払いをする人がかなりの数にのぼる事がわかります。


高血圧の検査よりもT細胞やNK細胞の検査を
国民に義務づけた方が
良いのではないでしょうか。


免疫力が低下している人が
あまりに多いのです。


免疫力の低下というより
不全と呼んでも
良い人も中にはいます。


どの科もそうでしょうが心臓外科も
患者が
多くなっているのではないかと
予想しています。


酸化コレステロール要因の問題以上に
ウィルス由来の問題
例えば心臓の弁の不全による心臓弁膜症のような病気や
筋肉を司る肝臓の解毒が
たち行かなくなっているために
心筋そのものに異常をきたすといった病気の増加が
予想されます。


鼻水を止める
咳を止める
熱を下げる
といった対症療法はウィルスと戦う事を放棄させるようなものです。


免疫力の低下や不全は
お城の外堀の埋まった状態に
例える事ができます。


外堀が機能しない城は
簡単に本丸である心臓が攻められてしまい
劇症心筋炎や心臓弁膜症を
引き起こしてしまいます。


ドラマの医龍の朝田龍太郎は大好きで
何度も医龍を見返してます。
 

しかし、実際は
朝田龍太郎を沢山生み出さなければいけない環境に
なってはいけないのです。


放射性物質や化学物質を少なくして
妊婦や子供を守り
心臓の異常を少しでも
減らしていく試みが必要です。


免疫力を高め
高い熱を出して
自然治癒できる身体作りを促し
心臓の感染が酷くならないうちに
自己治癒できるようにする事も
大事です。


臓器移植が円滑に行われる事も
移植が必要な程に心臓が悪い子供には
不可欠である事はわかります。


しかし、中国を中心とした不正臓器売買による臓器は
排除していくような倫理システムは
構築する必要があります。


そういった意味合いでも
再生医療には期待がかかります。


しかしそれよりもまず第一に取り組まなければならないものは
予防医学であり
食品汚染や大気汚染といった環境の整備に
他なりません。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP