リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

NAET☆ホルモンアレルギー除去を成功させる為には

■2017/11/29 NAET☆ホルモンアレルギー除去を成功させる為には
NAETの創始者のナンブドゥリパッド氏も
ホルモンへのアレルギー除去を
重視していた事が
ご著書からうかがえます。


NAETの話ではありませんが
私はアレルセラピーを創る前に行っていた
オステオパシーを用いた
オリジナルのアレルギー除去法でも
ホルモンに対するアレルギーは
容易には除去できませんでした。


除去が出来たようにみえても
数時間しか持続しなかったりしたものです。


今になって考えると
毒物が身体内に入り自己防衛の為に
液の流れをフリーズさせていた患者さんの液を
オステオパシー技法のCV4やEV4で
強制的に流そうとしていたからである事に
気付きます。


ホルモンへのアレルギーは
内分泌撹乱物質でもありながら
毒物でもある物質が
身体内に存在する場合にも
形成されがちですが
肝臓の解毒能力の中の
毒物を水溶性に変えるシステムが
うまくいかない場合にも
身体は拒絶反応を起こします。


水溶性に変えるプロセスの中でも
もっともメジャーなものは
硫酸化です。


硫酸化を妨げる最大の要因は
除草剤のラウンドアップと六価クロムである事がわかっています。


ホルモンへのアレルギー除去は
ラウンドアップ(グリホサート)のデトックス(DX)もしくは
六価クロムのデトックス(DX)で
劇的に消える場合が大半です。


これらの物質を取り除く事で
硫酸化に必要な
活性化PAPSや硫酸転移酵素を
作る事が出来るようになるからです。


ではもっと簡単に治療する方法はないでしょうか。


肝臓に対するアレルセラピーZENOで
治療する事ができます。


毒物を個別に取り除くアレルセラピーDXの方が
持続性があるのではないかと
考えている人が
いる事も確かです。

しかし、それも限定しない方が
良いかもしれません。


限定した意識は
能力の縮小につながるからです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP