リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

咳がなかなか抜けないリンパポンプでも治りにくい免疫異常

■2017/12/19 咳がなかなか抜けないリンパポンプでも治りにくい免疫異常
電車を並んで待っている時に
エヘッという小さな変な咳を連発する若い男性が
うしろに並んできました。


マスクもせず口をおおう様子も
全くありません。


こういう変な咳がなかなか抜けない人が
最近結構います。


夏風邪に多いアデノウィルス3型が
いまだにはびこり
咳が抜けない状態になっていたりします。


かつてはこういった方に対しては
腸間膜から乳ビ槽から胸菅にかけてのセントラルチェーンを開通させるオステオパシーを行い
リンパポンプをやれば
劇的に良くなりました。


1918年のスペイン風邪のパンデミックの時に
オステオパシーのリンパポンプは
劇的な力を発揮しましたが
その時とほぼ同じ古典的技法では
現代人にはなかなか通用しないのかもしれません。


現代人は白血球の質が
そもそもおかしかったりします。


胸腺や腸や白血球に問題があるために
自己免疫を作ってしまい
その結果再び胸腺や腸や白血球に
自己免疫が向かってしまい
ますます悪くなり
解決の糸口がみつからなくなっているケースも
考えられます。


自然治癒力を無力化する難関なプログラムが
発動しているケースです。


治癒のためのパズルが複雑化し
ガンじからめになっていて
解く事がままならない状態になっているとも言えます。


解毒臓器に自己免疫があるために
解毒ができず
さらに自己免疫が進み
その場しのぎのステロイドで
さらに解毒臓器が蝕まれる人も
多く存在します。


しかし、こういった人も
たんぱく質やリン脂質といった
材料から紐解いていくと
その元凶がみつかります。


環境の悪化により
身体は複雑化していますが
道は細いながらも示されているのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP