リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

自己免疫から自己寛容への時代へ

■2018/01/01 自己免疫から自己寛容への時代へ
この一年もアレルセラピーは進化の年となりました。


身体の部位に対する拒絶を取る事は
NAET〜オステオパシーアレルギー除去〜ゼノバイオセラピー〜アレルセラピーと続けてきた一連のアレルギー除去系治療法の流れの中の
最重要項目でしたが

そんな中
主要組織適合抗原の過剰の原因と
細胞内変性たんぱく質の過剰に目を向けたアレルセラピーを展開し
自己免疫疾患の原因に目を向けた年でもありました。


たんぱく質を主成分とした花粉に対するアレルギーは
自らの身体構成要素に対する拒絶の始まりとも言えます。


そういう意味でも
多くの人の頭痛や肩こりや腰痛も
自己免疫のひとつの形であるケースが
増えてきた時代になったとも言えます。

そしてそれは心いや魂のレベルからの自己寛容へのアプローチへの
スタートとなりました。


今の時代は
今まで以上に
魂レベルから自己寛容を成功させる必要がある時代なのではないでしょうか。


自分を少しでも責める部分があるだけで
大気や水や食物に放たれた毒は
体に溜まり
栄養は分解されずに身体にとどまり
私達の身体を攻撃するようになります。

ハワイで始まったムービメント
ホオポノポノ
愛してます
許してください
ごめんなさい。
感謝してます。


これらの言葉は
私達を愛で包みました。


そしてさらなる自己寛容に向けて
私達はそのままの自分を受け入れ
赦し愛する事を
行っていく時代に入りました。


この言葉を発した時に
拒絶する自分がある時は
それはそれで良いのです。


現状をそのまま受け入れれば
良いのです。


私達はそのままで完全を内包した存在なのですから。


皆様の微小管に光ありますように!




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP