リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

懸念が施術の邪魔をして魔を呼び込む けだるいセミナーは

■2018/01/19 懸念が施術の邪魔をして魔を呼び込む けだるいセミナーは
かつて中国拳法家の蘇東成先生が
生徒の二人を立ち合わせて
模擬戦をさせました。


二人は構えたままぐるぐる回り
いっこうにしかけないのに
先生は腹を立てました。


構えた時に確かに左脳を働かせて
相手の構えからムエタイスタイルなのか
ファイターなのかとかを
一瞬推察します。


しかし、左脳の働かせたままでは
相手が強そうだとかろくな事しか考えなくなり
しかけに行く事もできなくなります。


分析が済んだら
無心になって本能に身を委ねて
仕掛けていき
後は普段の練習の成果が
そのまま出るのに
まかせるという事を
その時は要求していたように思います。

左脳ばかり働かせるタイプの人を
実戦重視タイプの武術家は
大概気嫌いします。

戦闘もそうですが私達の思考は
しばしば施術の邪魔をします。


弛みそうもないとか治せないんじゃないかとか
余計な思考はブレーキとなり
魔を呼びます。


クライアントの中には
容易に治されたくないという思考を
はりめぐらしている人が
沢山います。


その思考にいつのまにか
術者が同調してしまうと
1日中大変なクライアントばかりだったので
疲れ果てましたという事になります。


またスムーズに施術がはかどらないと
負のエネルギー体を膨大につけてしまう事にもなります。


セミナーも同じです。


解らない出来そうもないと
受講生が思った瞬間に
場は悪くなり
講師は一瞬で疲弊します。


私達は解らない光線と呼んでいます。


解らない光線が会場から出始めた時に
いかにフォローするかが
講師の腕の見せどころです。


負のエネルギーの浄化が出来ない講師のセミナーは
気持ち悪くけだるいものです。


ただでさえ沢山負のエネルギーをつけている施術家整体師が
功利を目的として
集められ
なおかつ内容がセミナー費用に見あわず
講師に浄化能力がないセミナーは
最悪になりがちです。


場を浄化できる能力のある講師が
内容のあるセミナーを行う際は
場は気持ちよく
受講生は元気になって
帰る事ができるものなのです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP