リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

痒み皮膚問題が重金属に原因が..デトックスが難しい理由

■2018/03/02 痒み皮膚問題が重金属に原因が..デトックスが難しい理由
治療を進むと
頭痛や腰痛や肩こりが無くなる代わりに
皮膚の痒みが出る人がいます。


原因を探すと
重金属のカテゴリーの問題が
しばしば示されます。


水銀ヒ素鉛カドミウムといった4大重金属の中の
どれかである場合が多いのですが
アルミニウムやニッケルや歯科金属の場合もあります。


身体の深奥部の筋膜や脂肪に溜め込んでいたものが
遊離した可能性が高いと
考えています。


これらのデトックスは
通常では困難なものとなります。


体外に排出できずに
身体の深奥部に溜め込んでいる物質は
当人の身体が
もっとも苦手としているものであるために
排泄もままならず
深奥部に溜め込んだ物質とも言えます。


水銀は苦にせずに
カドミウムが苦手の人もいれば
その逆の人もいます。


なまじ組織を解放させて
遊離させても
身体の代謝を低下させる重金属の排泄は
ままならないため
皮膚に出す事で
危険を回避しようし
皮膚問題が湧き出てしまうのです。


この物質の影響下では
経絡変動が起き
生命エネルギー数値が下がる事は
身体を調べると
明らかにわかります。


以下は会員の施術家向けの内容となります。


こういった物質を
自力で排泄できる身体にするためには
アレルギセラピーDXをかけたあとで
この物質を持たせた条件下で
ナディのフォースを行い
この物質を持たせた条件下で
生命エネルギー数値を上げる必要があります。


皮膚の痒みが耐えられないために
ステロイドに頼る気持ちは
わからないでもありませんが
その場合は遊離した重金属は
元の鞘に戻る事になります。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP