リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

痔と食品アレルギー口内 腸内環境との関係幹細胞が鍵か? 

■2018/05/17 痔と食品アレルギー口内 腸内環境との関係幹細胞が鍵か? 
肛門の再生は難しいとされています。


それだけに痔の治療は
難しいとされている訳ですが
常識は常に破られるものです。


食品アレルギー特に小麦グルテンアレルギーがあったりした場合や
ナス科特に唐辛子にアレルギーがありながら
嗜好品として止められない場合
肛門は常にアレルゲンの通過ポイントとなり
痔が治るひまはありません。 


食品アレルギー除去は
必須項目です。


また腸内環境と肛門とは相関関係があります。


口内細菌相→腸内細菌相→直腸肛門細菌相は
当然考えていかなけるばならない問題です。


ですから腸内のSIBOの解決と
肛門を清潔に保つ事は
必須となります。


便秘によって肛門への血行障害が出ている場合も
また心理要因によって血行障害が起きている場合も
多々ありますから
考慮していく必要があります。



口内環境や腸内環境が悪いと肛門もわるくなる場合があるという事は
確かな事でしょうが
肛門が悪くなると腸が悪くなるという逆もまたあり得るかもしれません。


肛門の皺にそって放射状のエネルギーの流れがあります。


このエネルギーを辿った際に
ひっかかりがある所には
不思議に肛門皮垂がある事がわかります。


腸上皮細胞は可塑性があり
腸幹細胞にもなりうるという事が
わかってきています。


再生が難しいとされる痔の治療の鍵も
この幹細胞にあるかもしれません。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP