リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

メカニカルリンク☆リウマチと自己免疫と主要組織適合抗原 

■2018/11/30 メカニカルリンク☆リウマチと自己免疫と主要組織適合抗原 
主要組織適合抗原(MHC)↑と変性たんぱく質↑の処置で
一番驚いた事は
身体の動脈のテンションが
一瞬で弛んだ事です。


腕とう骨筋を始めとする身体中の筋肉の異常緊張も
一瞬で弛んだ事も驚きでした。


オステオパシーを長年やっていて
メカニカルリンクによる
動脈の引っ張り検査と
メカニカルリンクでのリコイルも
長年行ってきました。


それだけにこれほど切れ味よく
弛んでいく実感は
初めての体験だったのです。


有頂天になった私は自己免疫プロトコルと名付けました。


しかし、軽度ならばともかく
最盛期の重度のリウマチ患者は
私の鼻を容易にへし折りました。


近年の研究では
染色体6番目にあるHLA遺伝子のアミノ酸の組成が
重度のリウマチの発症と関わると発表されました。


HLAーDRB1の11番目のアミノ酸がバリンを
13番目のアミノ酸にヒスチジンを持つ場合に
発症しやすい事がわかってきたようです。


つまり主要組織適合抗原(MHC)↑だけでなくその組成も
大きく関係するという事を
意味します。


出来上がってしまったアミノ酸の組成を変える事は
錬金術のように難しい事です。


しかし、これから作られるアミノ酸の組成を
変える事は
可能であると考えています。


近年エピジェネティックという言葉がよく聞かれます。


思いが遺伝子までも変容させるという考え方ですが
遺伝子の変容は良い変化だけではありません。


ストレスによって溜め込んだ負の感情は
遺伝子をも変容させるとも言えます。


言語では表現できない思いも
この中に含まれます。


同じようなストレスに
毎回さらされて
いつも同じ思いの中に
沈んでしまう時
私達はどうしようもない因果を
感じます。


この運命と思い癖は
自分の過去からの魂や
自分の先祖から脈々と受け継がれてきたものかもしれません。


負の思いを自分だけでなく
自分に関わる全ての存在から
払底する事が出来る時
奇跡は起こるのかもしれません。


私の感覚では
充分弛んでいると考えていた動脈のさらに先にある弛緩を
今日初めて経験しました。


【自己免疫国分寺オステオパシー日本橋国分寺日本橋】




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP