リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

CTLA-4☆癌発生と免疫細胞T細胞の抑制因子と活性因子

■2018/12/15 CTLA-4☆癌発生と免疫細胞T細胞の抑制因子と活性因子
以下の内容は
アレルセラピー会員の中でも
ドクターの資格を持つ人を対象とした内容となります。


何人もいるのか?という突っ込みは
とりあえず置いといて
進めます(笑)


樹状細胞の増加と活性化

ミトコンドリアの修復

ヒストン脱アルカリ化酵素へのアプローチ

近赤外線

ミトコンドリアからのアポトーシスを癌細胞にもたらす物質
さまざまなアプローチが
応用されましたが
免疫の側面から見たメカニズムは
新たな方法への示唆に富んでいます。


癌発生要因を免疫の面から
分類していく事は
治療を進めていく上では
重要な作業です。


細胞活性化に問題があるのか
あるいはT細胞抑制因子の過剰であるのか
あるいはその両方であるのかを
把握していく事は
ひとつの目安となります。


T細胞活性化因子の不足が出た場合は
CD28↓CD40↓CD134↓CD137↓を
チェックして
そのひとつひとつの要因を探していきます。


T細胞抑制因子として
CTLA-4が近年有名です。


抑制因子過剰サインが出た場合は
CD223↑CTLA-4↑B7-H3↑をチェックして
それぞれの原因を探していきます。


自己免疫疾患の場合は
癌とは真逆を
チェックしていく事になります。


細かな免疫要因の大元を探すと
毒素以前に人の【思い】にあることに
気付かされる事が多々あります。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP