リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

痛みやこりや痺れや臓器の不全→自己への攻撃→ある感情

■2019/01/20 痛みやこりや痺れや臓器の不全→自己への攻撃→ある感情
様々な痛みやこりや痺れや臓器の不全の多くが
自己を攻撃する事に関与する事が
よくわかりました。

また、この自己を攻撃する要因として
主要組織適合抗原の【過剰】と【修復】
そして変性たんぱく質の【過剰】が
関与している事がよくわかりました。


そしてこれらに関与するのが
放射性物質と農薬と様々な心理ストレスと口内腸内環境が
深く関与する事も
よくわかりました。

しかし、これらの問題は
永続的解決に向かう人と
繰り返す人がいることに
気付きました。


放射性物質や農薬は随時身体に取り込まれるし
口内腸内環境も
食事やストレスによって
ぶり返すのは
当たり前と考えるのは
確かに簡単です。


ハリーエドワードやキリストは
私のように
細分化して治療する事は
しておられませんでした。


そこで私は全ての要因の大元を
探しました。


毒を出す事が出来ない要因
悪玉菌が増える要因は
実は様々な感情が
大元では関与しています。


しかし、それらの感情のさらに大元は
ひとつに収束される事が
わかりました。


私達はモータリティ死すべき運命からは逃れる事ができません。


生命だけでなく全ての物質も
その形を永続的にとどめる事は
許されません。


私達が完全をこの世に
求めた時
永続をこの世に求めた時に
世の摂理として
反作用が起こるのではないでしょうか?

排毒は逆にうまくいかなくなり
様々な悪い病原体が身体に増えていくという矛盾が生じます。



それはまるで願望を打ち消すかのように
肉体にもたらされます。


そこで私は一つの大元となる施術を
してみました。


私の意識が変わったからでしょうか?


自己を攻撃する全ての要因が
不思議な事に消えたのです。


これは転機となる出来事でした。


【痛みやこりや痺れや臓器の不全】




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP