リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

緑内障や若者の骨粗鬆や認知症が増えているのはなぜ?

■2019/02/10 緑内障や若者の骨粗鬆や認知症が増えているのはなぜ?
最近来る人来る人が難しい問題を
持っています。


難しい問題を抱えている人が
私の所に集まるという事もありますが
この冬は特に顕著です。


自己免疫の問題
免疫不全による慢性感染の問題
甲状腺関連問題
脳の老廃物が溜まってしまった認知症の問題
全てがここへきて目立ってきています。

若い人の骨粗鬆も多く見られます。


若い人の骨粗鬆症は偏った食生活と添加物と腸内環境の問題が
確かに一因ではありますが
カルシトニンの不足パラソルモンの過剰も
原因のひとつに考えなければいけません。


その大元はセシウムを始めとする放射性物質に
あると考えています。


セシウムのDXで
カルシトニンの不足が解消される事が
セシウム蓄積していたという整合性のある何よりの証であると
考えています。


緑内障の人にも非常に多く出会います。

目に対するオステオパシー技法や
頭蓋オステオパシーで
緑内障の予防や治療ができると
信じ込んでいる人がいますが
それだけでは難しいと思います。


房水に拒絶があるにも関わらず
房水の中に
トキシンの類いゼノバイオティクスが
みつからない場合もありますが
自己への拒絶の3徴候を
調べてみると
そのどれか、もしくは全てに
陽性が出ます。


最近イタリア在住のイタリア人の方を
3人みたのですが
自己免疫の傾向は
世界的に見られる事が
わかりました。


ただ主要組織適合抗原↑の原因として日本人の場合は
農薬以外に放射性物質が
多く見られますが
イタリア人は農薬が主だった点が
異なりました。


そしてイタリア人でありながら
小麦グルテンにアレルギーを
全員持っていたのには
驚きました。


今の時代は
通常治療が普通のレベルの患者に
通用する気がしません。


アレルセラピーの必要性を
以前より増して感じています。


3月の第3日曜日に行われるアレルセラピー更新セミナーは
時間は短いのですが会員の方は
ぜひご参加ください。


自己免疫や認知症に関しての
新しい考えを
お話したいと思います。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP