リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

いぼ痔の原因は上直腸動脈血行不良か?切れ痔はカンジダも 

■2019/02/25 いぼ痔の原因は上直腸動脈血行不良か?切れ痔はカンジダも 
痔の問題は
腸内環境と深く関わり
腸内環境は肛門の免疫にも関わります。


歯状線の肛門小窩は細菌の巣になりやすい部位です。


腸内の常在菌であるカンジタも
肛門に住み着きやすいので
注意が必要です。


カンジダの触手によって粘膜が出血しやすくなり
切れ痔の原因になります。


食品アレルギーも切れ痔を作る場合が多く
特に香辛料に対するアレルギーがある場合は
注意が必要です。


切れた後は肥厚して
肛門皮垂となる場合がありますが
いぼ痔の痔核とは異なります。


いぼ痔の痔核は血行不良から起こりやすく
好発部位である3時7時11時は
上直腸動脈の流れ込む部位です。


上直腸動脈の上流となる下腸間膜動脈の徒手による検査は
オステオパシーのメカニカルリンクの中にあります。


上直腸動脈の検査も技術的には可能ですが
部位が部位だけに
医師以外は
キネシオロジー検査に
とどめるべきと思われます。


妊娠や便秘や長時間の座り仕事による血行不良は原因となりますが
広義の自己免疫も原因となり得ます。


上直腸動脈のバイアルを持たせた時に
フリーズが起こる人は
広義の自己免疫がある人です。


その場合アレルセラピーでは
カテゴリー29のスターオブベツレヘム(バッチフラワーのものと異なる)で
干渉させます。


また心理はしばしば動脈緊張と関わります。

動脈緊張の問題は静脈叢の鬱血に関わりますので
ストレス除去や特定感情の調整が
必要となる場合も多くみられます。


オステオパシーによる仙尾骨の調整は
自律神経を正し
腸や肛門の血流の確保に
役立ちます。


しかし尾骨の調整でも
欧米のものは
肛門に指を入れて行う事が主流で
日本の各種療法家は医師法違反を問われるものです。


そこで日本向けにアレンジした方法を
欧米人が教えたりしますが
いかんせん付け焼き刃感がぬぐえません。


当センターで行っいる方法は
肛門に指を入れるような技法ではありませんが
確かな矯正を行う方法です。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP