リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

脊柱管狭窄症の座骨神経痛がすべて消えるための条件 腰痛

■2019/06/05 脊柱管狭窄症の座骨神経痛がすべて消えるための条件 腰痛
脊柱管狭窄症と診断されたKさんの
腰痛はともかく
座骨神経痛は
今まで8割までしか取れませんでした。


しかし、新しい方法による水銀の処理が
うまくいったせいか
あるいは胎生期へのアプローチがうまくいったせいなのかは
わかりませんが
今回初めて座骨神経痛がすっかり取れました。

また女性性の否定がエストロゲンの拒絶につながり
そのためにエストロゲンの処理がうまくいかなくなり
肝臓を悪くしていた可能性も
今回初めてわかりました。


そしてその大元として
母への否定があったため
その領域にアプローチしました。


ホルモン代謝に心理が深く関わっている事は
多く見られます。


水銀はミトコンドリアを
不全にします。


ミトコンドリアは全細胞のかなりの割合を占める重要な器官です。


確かに体質の良い人の脊椎問題は
簡単に解消します。

場合によっては
自然治癒するくらいです。


問題は体質の悪い人が抱える問題です。

間欠性跛行といった症状が適合し
MRIで脊柱管狭窄が認められたならば
脊柱管をまず何とかするのが
筋でしょうというのが
世間の常識です。


しかし、身体は様々なつながりを持ったひとつのユニットです。


何故脊椎管に病変が出来たのかを
身体全部を調べあげ
対処していかなければいけないと思います。


それこそがオステオパシー創始者ATスティルの意志であり
ATスティルの創始されたオステオパシー従事者の私達の使命である
と改めてきもに命じています。


【国分寺オステオパシー日本橋国分寺日本橋腰痛】




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP