リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

肩こり頭痛と骨膜が関係する?寒暖の変化やPM2.5の関連

■2019/06/18 肩こり頭痛と骨膜が関係する?寒暖の変化やPM2.5の関連
九州のアレルセラピー会員のF先生から最近ヘルペスがあまりに多いという話が出ました。


F先生のクライアントだけでなく
教員をなさっている奥様は
口唇ヘルペスや帯状疱疹やEVウィルスに苦しむ生徒教員に多く遭遇しているそうです。


ヘルペスというと
口唇ヘルペスや帯状疱疹を
思い浮かべる方が大半と思いますが
皆さんの頭痛や肩こりや心臓動悸も
神経内に棲息するヘルペスが
原因だったりしますから
実は縁の無い人は一人もいない問題です。


このヘルペス科のウィルスを
うまく処理すると
頭蓋骨も正常化されたり
筋肉の過緊張がなくなったりして
頭痛や肩こりが楽になったりしますので
たいへん不定愁訴治療の重要なファクターの一つです。


このウィルスは
不死のウィルスということもあり
なかなか処理が大変です。


アレルセラピーDXを行っても
ヘルペスが再び再発する場合
漢方でいうところの外因を取らなければいけません。


風熱湿燥寒が外因の5邪です。


今の時期は寒暖の変化が激しく
寒邪が身体に残っていたり
かと思えば暑くなり熱邪にやられたり
エアコンや春嵐の影響の風じゃの影響や
梅雨入りしてからの湿邪の影響が
複雑に入りこんでいます。


これらの外因を取り去ると
ヘルペスの過剰サインが消えたりするのは
不思議としか言いようがありません。


本来の鍼は
経穴を通して
これらの外因を取り除く医学だったのではないかと
思われます。


経絡異常も現代人は
より内側に浸潤している感じがしてなりません。


病が深く入ると
骨膜に異常が出るようです。


骨膜の緊張は
経絡の流れを遮断して
臓器の病気の原因を作ります。


毒物の多くは
体の非常に深い所に入ります。


九州は大気汚染物質を含んだPM2.5が
大陸から飛んで来ます。


この汚染物質を含んだPM2.5も経絡を滞りを招き
免疫不全の方向に向かわせている可能性は
否めません。


これからの経絡医学は
積極的に外邪の排除を行ない
骨膜にまで入り込んだ病にも
対応する事が大事ではないでしょうか。


以下は会員向け内容です。


ツボダライアンで用いたパッセージや
目的語を置かないZENOのパッケージは
骨膜解放のオステオパシーと併用した場合
素晴らしい力を
発揮します。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP