リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

化学物質過敏症で治癒が難しいものは○○膜が重要

■2019/07/25 化学物質過敏症で治癒が難しいものは○○膜が重要
横隔膜の技法だけでも
いくつ学んだか忘れてしまいました。

アプレジャー方式
バラル式
デュレル式
ショフール式
フルフォード式
チュラ式
下村式
ダライアン式
意外に使えたジョンジョーンズ3世式の横隔膜検査もありました。


人体の構造上
新しい横隔膜リリース技法は
もう作りようがないと思ってましたが
とても良いものができました。


渡辺式の誕生です。

横隔膜はリンパの循環に関わる大事な器官ですから
はずせません。


膜は全て重要です。

10年程前は鞍隔膜のリリースが
私の周囲の友人達の間でブームでした。

今では筋膜リリースの重要性が
オステオパシー従事者以外の人々からも
叫ばれるようになり誰もが膜の話をします。


しかし、皆さんが忘れていて
治療をなかば諦めている重要な膜があります。

細胞膜です。


ブルース・リプトン氏の著書を読まれた方は
細胞膜があたかも脳のように
エネルギー場を感じ取っていることを
ご存知かと思います。


その際には細胞膜内のイフェクターたんぱく質とリフェクターたんぱく質が
重要な役割を果すそうです。


化学物質過敏症の中でも
難治性の治癒が非常に難しい人達がいます。


シトクロムP450の問題や
メチレーション問題からのグルタチオン不足や
扁桃体の問題も
確かに関係しているかもしれませんが
治癒が非常に難しいタイプの化学物質過敏症は
細胞膜を正す事が必須です。


私は膜を正す様々なオステオパシー技法を学んできましたが
細胞膜に手が届く技法は
私の引き出しの中でも
ひとつしかありません。


アレルセラピーただひとつです。




◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
アレルセラピーセンター八王子 TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
アレルセラピーセンター神田 TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
アレルセラピーセンター国分寺 TEL:0423154348
住所:東京都新宿区四ツ谷1‐23‐14‐4F
アレルセラピーセンター四ツ谷 TEL:0333546706
----------------------------------------
Facebook:https://goo.gl/6mLeuR
Twitter:https://goo.gl/o2ZxJP
アメブロ:https://goo.gl/FuPEih
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP