リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

椎間板ヘルニア座骨神経痛治る☆神経内はウィルス天国 高知小田原東京広島都内   

■2014/05/26 椎間板ヘルニア座骨神経痛治る☆神経内はウィルス天国 高知小田原東京広島都内   
椎間板ヘルニア座骨神経痛治る☆神経内はウィルス天国 高知小田原東京広島都内   
高山一雄さん(写真)は整形外科のMRI検査で椎間板ヘルニアと診断され、来院されました。

初診時も座骨神経痛が右臀部にあり、右座骨神経に痺れが踵まであり、真っ直ぐ座る事もできませんでした。

椎間板ヘルニアを起こした脊椎が必ずしも悪いという訳ではなく、むしろ働き者だったりします。


会社に例えると働かない社員がいると、そのしわ寄せで働き者の社員が、ばててしまいますよね。


同じ事が人体にも起こり得るのです。


実は椎間板ヘルニアになる脊椎も、動きの悪い脊椎の補正で働き過ぎて、問題が生じる場合も多いのです。


そして治療すべき部位は全く離れた働かない脊椎だったり、椎間板に栄養を運ぶ動脈だったり、脳から脊髄を包む硬膜だったり硬膜袖だったりします。


高山さんの場合、座骨神経自体も誤作動の対象であることが、ARテストで判明しました。


原因は神経の中に潜んでいるヘルペス科のエプスタインバールウィルスと出ました。


このウィルスは日本人の大半が持っていますが、自己免疫の原因となりやすく、どうもコリや痛みの原因となる場合が多いようです。


神経の中は、免疫が及びにくくなっていて、今までかかったウィルスや身体に入った生ワクチンとかが、しっかり神経の中で生きていて、免疫力が下がったりすると顔を出したりするようです。


帯状疱疹や顔面神経麻痺等がそのよい例です。


かつてかかった水疱瘡ウィルスが死なずに生きていて、顔を出すという例です。

頭痛もまた実は神経内のウィルスが原因という場合が多々あります。


ウィルスは熱には弱いですから、時々高熱を出す必要があります。


ですから、高熱が何年ぶりかに出て以来、持病の痛みが消えたりするのは、こういった理由からです。


量子医学では、身体の細胞がウィルスのエネルギー場を、細胞膜のたんぱく質を介して感じ、オーバーリアクションした場合、静めるのもまたエネルギーによる干渉と考えています。


量子医学であるアレルセラピーによる座骨神経等へのアプローチと身体を一つのユニットとして考えたオステオパシーによって、高山さんの臀部の痛みと痺れは3回の治療で消えました。


痛みが出た所が悪いとは限らない、身体の神経の中はウィルス天国であって、たまには熱を出さないといけませんよというお話でした。


アレルセラピーは複数の医師が実践されている療法です。


東京 都内 を始め神奈川、埼玉、長野、岩手、大阪、京都、広島、香川、高知、長崎で受ける事が出来ます。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
TEL:0423154348
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP