リンク

  • TOP
  • 治療動画と内容
  • お客様の声
  • 質問
  • 治療院案内
  • アレルセラピー ネットワーク開催セミナー
  • ワンストローク&オステオパシースクール
  • スタッフ紹介
  • リンク

非結核性抗酸菌症 心筋炎合併リーキーガット 胸、背中が痛い 東京 都内 八王子 

■2014/06/04 非結核性抗酸菌症 心筋炎合併リーキーガット 胸、背中が痛い 東京 都内 八王子 
非結核性抗酸菌症を長年患い、長年に渡り抗生物質を飲み続けている患者さんがいらしていますが、心筋炎も併発して水も溜まり、高齢という事もあり、非常に危険な状態です。

リーキーガット(腸漏れ症候群)も末期的で、痩せ衰え、身体の大半の筋肉がほとんどついていない状態です。 

抗酸球菌よりもビフィズス菌撃滅には威力を発揮しているかもしれない抗生物質の服用に対して、鍼灸師でしかない私は、医師法違反を恐れて何も言えません。


また、薬がプラシボ効果を多少なりとも発揮している場合、拠り所を失った患者は、悪くなる場合もあります。


しかも、腹膜癒着の大きな手術をしているため、患者さん本来のリンパの流れを取り戻すのは困難です。


このような方が背中が痛く、胸が痛いと訴えて来院するのですから、大変です。

しかし、帰る時には痛い所を触らずに、全ての痛みが消えてしまうから自分で言うのも何ですが不思議です。


「あれ!感じなくなりました。」とのたまう患者さんに、私は
「感じなくさせたんじゃないですよ。感じる身体にした上で消えたんです。」と答えます。


身体の様々な自然治癒の機能が低下したこのような患者さんの痛みを消すためには、細胞レベルからの治療がなされない限り、不可能である事に多くの人が、気付かないと思います。


自らの自然治癒の力で完全に菌を撲滅しない限り、症状は繰り返す事でしょう。

しかし、痛みを取ったのは私の手ではなく、私の手の下ではっきりと胎動を感じるこの方の自然治癒力です。


次に来る時は今日よりもっと元気になっていることでしょう。


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
アレルセラピーセンター
http://www.n-osteopathy.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:東京都八王子市東町1-10 グランデハイツ601
TEL:0426454003
住所:東京都中央区日本橋本町4-3-12-2F
TEL:0352000605
住所:東京都国分寺市南町3-22-12-2F
TEL:0423154348
----------------------------------------
Facebook:http://p.tl/20BG
Twitter:http://p.tl/j9Yf
mixi:http://p.tl/CaLU
アメブロ:http://p.tl/mSmL
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*

頭痛に対して

しつこい肩こりに

再発する腰痛に

鬱、発達障害

治らない胃痛便秘

PAGE TOP